2033年には3軒に1軒が空き家?

 

空き家問題は深刻」

 

他人事では済ませないことが大切です!



現在空き家問題は非常に深刻になっています。住宅の劣化や近隣へ迷惑になるだけでなく、犯罪に空き家が利用されてしまったり、放火など大きなトラブルへ発展してしまう可能性があるからです。人の気配のない家は、ひと目見れば意外とすぐにわかります。空き家の掃除は単に片付けをするだけの作業ではなく、定期的に人が出入りをすることでそのようなトラブルを避ける役割も果たしてくれるのです。

自治体でも空き家対策特別措置法が施工され、違反している物件に関しては行政からの立ち入り調査が入ったり、状況によっては強制撤去へ踏み込む場合もあります。自治体からも指導、勧告、命令と段階を追って所有者に対応を促すのですが、それを無視し続けた場合強制対処となることがあります。その際の費用は結局所有者へ請求されることとなりますので、きちんと責任を持って管理するようにしましょう。

空家清掃サービス

近年は少子高齢化も進み、親世代が住んでいた住宅が空き家となっても引き継ぐ家族がいないなどの理由でそのままとなっているケースも多くあります。

定期的に空き家の掃除をして資産価値を損なわないようにしておけば有効に活用することもできるので、用途がまだ決まらない空き家を所有している方は手入れをするようにしましょう。


空き家は自分が住んでいるわけではなくても、やはり所有者のものです。空き家で何かがあれば、その責任は所有者となる人にあるためきちんと管理するようにしてください。お住まいから離れている場所に空き家がある場合は、特にご自身が所有しているという実感が伴わないかもしれませんが、ぜひ業者などを活用して手入れをするようにしましょう。